携帯サイトでもご案内しています。上記QRコードからアクセス下さい。またはhttp://www
totomijp/i/へ

TOPへ戻る≫≫≫

※日程は、変更または中止となる場合もございますので、
お出かけの際は各市町村、関係団体へ事前にお問合 せ下さい


 ■倭姫宮秋の例大祭 11月5日(日)

皇大神宮を五十鈴川の川上の地にご創建された倭姫宮の多大な功績を偲んで行われます。
参拝された方には、福引、甘酒、お神酒がふるまわれ、その他、神楽の奉納、民謡踊り、書道展が行われます。
◆場所:倭姫宮
◆お問合せ:倭姫宮事務局 
Tel:0596-25-2029

   URL:http://www.ise-kanko.jp

 ■伊勢楽市 11月上旬

勢楽市では地元名産品、海産物から農産物、食べ物屋さんまで、さまざまな露店が並び大賑わい!その他骨董市、 地元芸能、外宮さんでは神宮舞楽が公開されるなどが行われる催しです。
場所:外宮 北御門周辺
◆伊勢楽市;時間:午前10時 〜 午後4時

問合せ:(社)伊勢市観光協会
Tel:0596-28-3705
URL:http://www.ise-kanko.jp/

 伊勢神宮 嘗祭祭(にいなめさい) 11月23日(祝)

外宮4:00〜・7:00〜、内宮11:00〜・14:00〜。今年の五穀豊穣を感謝し、国家の安泰と国民の幸福を祈願する祭典 。「しんじょうさい」ともいい、新穀を陛下御自ら神々に奉られ、また御自らもお召しあがりになる大儀が宮中で行われるに際して、神宮へは勅使を御差遣(ごさけん)されて、奉幣の儀が行われます。
◆場所:伊勢神宮 

◆日時: 
◆御問合せ神宮司庁弘報課

TEL 0596-22-5501


 鳥羽・ 国崎 ニ船祭り(にふねまつり)  11月23日(祝)

2 隻の船に青年男子が5人ずつ乗って船を漕ぐのを競い合う。その勝敗によって豊漁を占う。
◆時間:午後12時頃神事、船を漕ぐ 
午後2時頃
◆場所:鳥羽市国崎町 鎧崎 前の浜
◆交通:鳥羽駅からお車で30分
◆問い合わせ:国崎漁協 
TEL(0599)33−6005

 ■おかげ横丁 ・正月のしたく市12月16日(土)〜 28日(月)

新春に欠かせないしめ縄や箸、伊勢玩具などを取り揃えた伊勢の正月したく市を開催。

◆時 間:9:30〜17:00
◆場 所:おかげ横丁周辺

◆備考 無料

お問合せ:おかげ横丁総合案内
TEL 0596-23-8838


 ■二見 大注連縄張神事 12月17日(日)

大注連縄は古式によって調製されるもので縄の長さ35m、男岩に16m、女岩に10mが巻かれ、その間の長さは9mあります。この大注連縄は5月5日、9月5日、12月第3日曜日に張り替えられます。この大注連縄奉献の意味は一切の不浄を祓って日の大神及び興玉神石遙拝の鳥居に献ずる古い習わしであります。
◆時間は10:00〜祭典 10:30〜張替え
◆場所 二見興玉神社
◆備考 無料

お問合せ 二見興玉神社
TEL:0596-43-2020


 ■伊勢神宮 ・伊勢 月次祭 12月15日 (木)〜17日(土)

10月の神嘗祭、6月の月次祭と共に古来三節祭と呼ばれている。皇室の弥栄、五穀豊穣、国民の平安などを祈願する。 
◆時間:
◆場所:伊勢神宮
◆備考 無料

お問合せ:神宮司庁弘報課
TEL 0596-22-5501


 ■伊勢神宮 伊勢冬至祭  12月22日(金)
冬至の日には、宇治橋の鳥居中央から朝日が昇り、幻想的な光景につつまれます。 冬至ぜんざいなどのふるまいあり。
場所:内宮宇治橋前
時間:7時00分ころ〜(雨天中止)

お問合せ:伊勢市観光協会 
Tel:0596-28−3705

   URL:http://www.ise-kanko.jp


 ■伊勢・外宮、内宮・おかげ横丁初詣 12月31日〜1月7日

さまざまなイベントが繰り広げられます。
◆平成29年12月31日〜平成30年1月5日22:00までは、終日、夜間のご参拝頂けます。
◆平成30年1月6日の参拝時間 5:00〜22:00 1月7日以降  5:00〜18:00
◎外宮さんカウントダウン ・・外宮周辺
◎内宮年越し参り  初詣・・・内宮周辺
◎おかげ横丁ゆく年くる年・・・おかげ横丁周辺

お問合せ:神宮司庁弘報課 
TEL0596-24-1111
おかげ横丁総合案内書 
TEL:0596-23-8838


 ■二見興玉神社 初詣12月31日〜1月7日

夫婦岩を望む二見興玉神社では大晦日から初詣客を受け入れます。(PS:初詣で参拝するときは、残念ながら夫婦岩から昇る初日の出は拝めません。よく写真などで見るのですが、夏至の頃写真です。あしからず・・・)
◆時間は終日
◆場所 二見興玉神社
◆備考 無料

お問合せ 二見興玉神社
TEL:0596-43-2020


 ■鳥羽/相差町・獅子舞い   1月5日(金)
早朝から各戸を天狗と獅子が笛や太鼓に合わせて玄関先で舞い、その年の悪事災難除け祈願します。 450年の歴史を誇る獅子舞。各家庭100件「ねりこみ」と呼ばれる舞が漁協前で行われます。

お問い合わせ:相差漁協 
TEL:0599−3 3−6002


 ■鳥羽 石鏡弓引き神事  1月11日( 木)

勇壮な弓引き神事です。若者6人が都合2回づつ3本の矢を天にむけてできるだけ遠くへ放ち、一 年の家内安全と豊漁を祈ります。
◆時間:15:00前後ころ〜
◆場所:鳥羽市石鏡町 
◆交通:鳥羽駅からお車で30分

お問い合わせ


 ■伊勢神宮 一月十一日御饌  1月11日( 木)
 (いちがつじゅういちにちみけ)

神宮の両正宮をはじめ、諸宮社におまつりするすべての神々に、神饌を奉ります(内宮四丈殿にて)。続いて五丈殿で舞楽が奉奏されます。
◆時間:
10時から
◆場所:
伊勢神宮内宮 四丈殿(ヨジョウデン)

お問い合わせ:神宮司庁弘報課 
TEL0596-24-1111


 ■二見/栄野神社 湯立神事(ゆたてしんじ)1月14日(日)

五十鈴川支流の入江近くにある栄野神社で毎年1月14日に行われる神事。祭りの朝、神社の神前に据えられた大釜で沸かした熱湯にくま笹を入れ、そこに集まった氏子や参詣者に熱湯のしずくを振りかけて身を清め、一年の無病息災と家内安全を願います。
◆場所:栄野神社
◆祭事:10:30〜

おい問合せ:二見興玉神社
TEL0596-43-2020


 ■伊勢/朝熊山・金剛證寺(伊勢スカイライン山頂)

新年初祈祷  1月1日(祝)〜1月31日(水)

開運星祭:元旦から21日間毎朝大般若祈祷会を行い、満願の翌日各信者宅へ祈祷札を発送。

新年初祈祷:年頭にあたり、皆様の厄除開運の御祈祷

おい問合せ:金剛證寺
TEL0596-22-1710


 浜島町・初えびす 1月20日(

信者たちが集まって恵比寿神のお祭り後3回の初笑い行事が行われる
◆時間:神事13:00〜
◆場所:恵比寿神社

お問い合わせ:浜島町情報企画室
TEL:0599-53-300
4


 ■二見/二見興玉神社・節分祭 2月3日( 土)

厄を払い、福を呼ぶお祭り。
◆時間:14時 祭典 14時30分 豆まき
◆交通:
◆場所:二見興玉神社
◆お問合せ 
二見興玉神社
TEL:TEL0596-43-2020


 二見/お雛様めぐり 2月中旬〜3月上旬

夫婦岩は「夫婦」でカップルを表し、お雛様もお内裏様とのカップルであることから、この旅館街を中心とした地域一帯に約5000体の雛人形の展示を行います。今年のテーマは『華やぐ二見浦の早春賦』。
◆場所:二見 夫婦岩参道
◆時間:終日
◆交通:
お問合せ:二見町役場
TEL0596-42-1111

 ■伊勢/伊勢神宮 外宮・内宮 建国記念祭    2月11日(祝)

我が国の建国のはじめをお祝いし、両宮をはじめ諸宮社に大御饌を
お供えしてお祭りを執り行い、国の平安と発展をお祈りする。
   ◎伊勢神宮(外宮) 午前7時
   ◎伊勢神宮(内宮) 午前11時

   問 合:神宮司廰 総務部・弘報課 Tel:0596-24-1111
   URL:http://www.isejingu.or.jp/

 ■伊勢/御薗・御頭神事  2月中旬

1月 〜 2月頃※地域により異なる■御頭神事:悪魔祓いや、無病息災を祈願して、神社境内や氏子地区内で行われる獅子舞。 宮川流域では「御頭神事」という呼び名で古くから各地で行われてきた。 今でも、県の無形民俗文化財に指定されている東大淀町の佐登奈加神社、千引神社の御頭神事祭礼や指定無形民俗文化財の松村町の御頭神事など市内数十箇所で行われています。
問 合 せ:伊勢市文化振興課 0596-22-7885 
<高向の御頭神事>
八百年の伝統ある神事、2対の獅子頭が早朝より深夜まで区内を廻ります。高向郷内で流行した悪疫を追払うことに起源をもち、現在2つの御頭が定められた当屋番で、浄めの舞を踊り、区内をひと巡りします。夜の行事として松明による御頭の打祭りの祭典が夜遅くまで催されます。(国重要無形文化財)
日  時:2月 中旬9:00〜
場  所:高向大社
交  通:伊勢ICより国道23号経由、松阪・津方面に約10分
問 合 せ0596-22-0235 (御薗総合支所地域振興課)


 伊勢/祈年祭(きねんさい) 2月17日(土)〜

としごいのまつり」といい、神饌を奉り五穀の豊かな稔りをお祈りする大御饌の儀と、勅使が参向して奉仕される奉幣の儀の2つのお祭りが行われます。
◆場所:伊勢神宮
◆交通:
◆お問合せ
神宮司庁弘報課 TEL0596-24-1111
おかげ横丁総合案内書 

TEL:
0596-23-8838

 伊勢/通能 2月中旬

伊勢に伝わる能楽。発生は戦国時代。
伊勢三座の一つで戦国末期より伝わる
能楽勝田流
◆場所:栄通神社・通町公民館
◆時間:10:00〜祭典、13:00〜能
◆交通:
お問い合わせ:伊勢市観光課
TEL0596-23-1111

 ■答志島・八幡祭り   2月17日(土)〜19日(月)

鳥羽佐田浜より営定期船で約25分

15人で行われ、その中の1人が的に矢を射る真似をすると、同時に町の人々がお的の墨紙を奪い合い、護符に代わるこの墨紙で、各戸の戸板や船に八の字を書いて、一年の大漁、家内安全を祈願する。
◆場所:鳥羽 答志島
◆交通:
市営定期船
◆時間:AM11:00〜PM2:30

お問い合わせ:
鳥羽磯部漁業協同組合答志支所
TEL:0599-37-2018


 ■大王町・汗かき地蔵祭 2月24日(土)

吉事には白い汗、悪事には黒い汗をかくといわれる地蔵様のお祭り。堂内において、三ヶ寺住職による、海上安全、大漁満足、家内安全、家業繁盛、交通安全などを祈願して行われ ます。 露店商等が参集して、盛んな門前市が開かれ町中、近郊からもお参りに来て終日にぎわいます。
◆時間:終日
◆場所:志摩市大王町 堂の山薬師堂
◆交通:
◆お問い合わせ:大王町観光協会
TEL:05995―72−0789


 ■鳥羽/(松尾)御船祭 3月5日(水)

海上安全を祈願する祭で、旧暦の1月1日、青峯山正福寺で行われる。 境内には全国の漁業、海事関係者から奉納された大小の大漁旗があふれはためく。その情景は実に壮観。 屋台なども並び、地元や遠方からたくさんの参拝客を迎える。

◆時間:早朝より終日
◆場所:鳥羽 青峯山正福寺
◆交通:
お問い合わせ:正福寺
TEL:05995―5−0061


TOPへ戻る≫≫≫≫