携帯サイトでもご案内しています。上記QRコードからアクセス下さい。またはhttp://www
totomijp/i/へ

魚々味(ととみ)店長からの画像もまじえてのお知らせコーナー です!
お得な情報からひとり言まで・・・見逃せないとっておきの最新情報が満載です!

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

.
2017/06/24

伊勢志摩産の良質の真珠を作る。真珠は、伊勢海老、アワビ、と並ぶ三重ブランドである。
今の時期(5月・6月)は、真珠を作るために最も大事な工程の「核入れ」と呼ばれる作業を行っています。
「核」と呼ばれる真珠の元となる物を、ピンセットのような特殊な器具を使って、母貝(アコヤ貝)の横隔膜に入れるんです。
この作業は、とても高度な技術と経験が必要です。この作業の良し悪しで真珠の出来が違ってきます。
あとは、目前に迫る8月の猛暑で、海水温度が問題になってきます。
暑さに耐えた真珠の母貝が、順調に行けば、12月〜2月頃には、素晴らしい真珠が出来ます。「ミキモト真珠」です。
これが伊勢志摩サミットの際に、各国首脳の襟もとに付けていた真珠のラペルピンです。伊勢志摩産の真珠です。
12月〜2月に真珠を取り出した後の、母貝(アコヤ貝)の「貝柱」が旬になり、スーパーに並ぶ。
けっこういい値段がする、高い、でも旨い!火を加えるとさらに旨味が出る。天ぷらにすると強烈に旨い。
基本的に、この貝柱は、真珠養殖をやっている地域でしか食べることは出来ない。

三重ブランドの「アワビ」。 伊勢志摩に居ながら、ずいぶん長いことアワビを食べていない。
伊勢海老同様に高級品だから、滅多に食べられへん。前回食べたのは、いつやったやろ?忘れたッた(+o+)
アワビを食べると、目の綺麗な赤ちゃんが生まれる法則。
その法則のせいなのか、高齢ではあるが、アワビを獲る鳥羽の海女の目も綺麗で、真珠色に輝いてます。
この時期になると、妊婦さん本人、もしくは御主人、姑さんからアワビの問い合わせが多くなる。
「おめでたなので、アワビが食べたい、 おめでたの嫁にアワビを食べさせたい!」
名古屋方面から、大阪方面から、県外から食べに来てくれます。ありがとうございますm(__)m
魚々味で扱うアワビは全て鳥羽産の天然アワビです。期間は8月末日ぐらいまでしかご用意できません。
それは、1年中でまわる養殖アワビではないからです。
5月中旬〜8月中旬の期間に、鳥羽の海女が素潜りで獲る極上の天然アワビだからです。
日本一うまいアワビです。
小学生の頃は、親戚に海女さんがいたので、浜辺にある海女小屋によく行った。
焼いたアワビや、サザエをよくご馳走になった。海女小屋の中の焚き火で焼く「アワビ&サザエの残酷焼き」である。
アワビを生で食べる時は、包丁でスライスして刺身状にするなどしない!殻から身をはずして、海水でサッと洗ってかぶりつく。(@_@;)
「ほらほら、食べない!食べんかい!旨いやろ!」 固形石鹸にかぶりつく感じであった。(+o+) 硬かった(+o+)

もう6月もそろそろ終わってしまう。残り6日間、もう7月を迎える。半年が過ぎた。早い早い!
メリークリスマス! 良いお年を! 明けましておめでとう!からもう半年が過ぎてしまった! 盆は目前。

.
2017/06/23

NHKドラマ「あまちゃん」の舞台が、三重県鳥羽・志摩でなかったことが、残念! (+o+)

   海女と真珠のふるさと三重県志摩半島 「鳥羽・志摩」
      「鳥羽・志摩」の海女ちゃんです。

.
2017/06/23

鳥羽市にある「ミキモト真珠島」。今では真珠養殖技術が発達して、海女さんの必要性はなくなった。
ミキモト真珠島では、エンターテイメントとして海女さんの実演を行い、海女さんの功績を伝えている。
昔ながらの白い磯着姿の海女さんを見れるのは、ミキモト真珠島だけです。
昨年の伊勢志摩サミットの時には、大統領ファーストレディーもミキモト真珠島にお越しになり、海女の実演をご覧になりました。
日本一有名な真珠の名店・ミキモト真珠。本店は東京銀座にあるが、発祥の地は「鳥羽」です。
『世界中の女性の首を、真珠で飾ってごらんにいれます』は有名な言葉です。
「ミキモト真珠! 知ってる! 知ってる! エエ!?(@_@;) 三重県なの?知らなかった! 鳥羽なの?」
県外で、「ミキモト真珠と言えば?」と聞かれて、「三重県」と答えられる人は少ない (◎o◎)

海女が素潜りで獲ってくる海の宝石「アワビ」。 三重ブランドの「アワビ」。全国の海女の約半分が鳥羽・志摩にいます。
鳥羽のアワビが旨い理由は、伊勢志摩のリアス式海岸にはアワビのエサとなる「アラメ」などの海藻がたくさん生息しているからです。
旅館などで、一口コンロで「踊り焼き」にして食べる時は、アワビの口を切ったほうがいい。アワビの口は「ジャリィ」と食感がある。
アワビもサザエと同じで、外見だけでは「オス」と「メス」の区別はつかない。
身をめくって「肝」を見て、ようやく分かります。 白色はオス、緑色はメスです。
三重ブランドの極上天然アワビ、妊婦さんには推奨する食材です。お腹の赤ちゃんの目にいい「タウリン」たっぷりです。
伊勢神宮の神様にも奉納される鳥羽のアワビです。鳥羽の海女文化、歴史、伊勢神宮、とは切り離せない食材です。
今が旬の鳥羽のアワビ、ご用意できています。

.
2017/06/22

「サザエさん症候群」・・日曜日の夕方から、また翌日から一週間、仕事をしなければならない。と言う現実に直面して憂欝になる。
「サザエさん」は、日曜日の夕方6時30分からの長寿番組。日曜日の終わりの番組の代表かも?「笑点」もそうかも?
月曜日に出社すると、月曜は月曜で、ブルーマンデー(青の月曜日)になり、元気がなく、ため息が出る。 (@_@;)
まわりにそんな同僚の人はいませんか?(+o+) 

昨日は11日振りの雨、正午過ぎまで雨が強く降ったが、その後には晴れ。梅雨時期ではあるが全体的には雨量が少ない。
梅雨明けが待たれ、7時前のNHKの天気予報も気になる。夏本番ももうすぐ!
夏・バーベキューシーズンになると人気があるのは「サザエ」。 「サザエの壺焼き」が旨い。
サザエの壺焼きは「砂」を取り除いてから焼くとよい。口の中で砂を噛んで感じる「ジャリ感」を無くす為にも。
砂は、サザエの「肝」のところの先端だけを残して、取り除き、身と肝を貝殻に入れて、フタを戻してから焼く。
肝が白いのは、「オス」のサザエ  肝が黒いのは「メス」のサザエです。 味に変わりはなし。
調味料は醤油か、味醂か、天つゆか、少量でOKです。調味料が多いとサザエの磯の風味を消してしまいます。

.
2017/06/21

今日は「夏至」です。 昼間の時間が最も長い日。
夏至が過ぎ、梅雨が明け、本格的な夏がやって来る。スーパーウルトラ猛暑がやって来る。皆さま御自愛くださいませ。
日本では、夏至の日に三重県の伊勢志摩にある二見浦で「夏至祭」が行なわれます。「夫婦岩」で有名な二見浦です。
旅行会社を通じて、「お伊勢参りコース」での旅行にオプションで付いている「二見浦の夫婦岩」です。
私が知っている範囲の「お伊勢参り」の仕方なのですが・・・・・・。
まず、二見浦の夫婦岩のある、みそぎ浜で身を清めて⇒伊勢神宮の下宮を参拝⇒伊勢神宮の内宮参拝⇒朝熊山の金剛証寺を参拝。
これで、完璧な「お伊勢参り」が完結です。
お伊勢参りで「伊勢うどん」と「赤福」を食べたら、鳥羽では旨い海の幸を召し上がって下さいませ(^u^)

.
2017/06/21

いつもご愛顧ありがとうございます m(__)m  毎週水曜日は定休日ですm(__)m

鳥羽市の隣り、志摩市の浜島には、4つの造船所がある。新船を建造したり、修理したり。鳥羽の漁師の漁船も造ったり。
漁船は基本的にはオーダーメイドです。鳥羽の漁船は、ヤンマー船が多い。
漁船をよく見ると、特に鳥羽市の離島の「菅島」の漁船はヤンマー船が多いような気がする。
造船所には、今は大型貨物船が「ドック入り」している。 大型かつお船がドック入りしたり、鳥羽市の観光遊覧船もドック入りします。
海から船体を上げる光景や、進水する光景はなかなか見れないですよ。船底を見れるのはこの時だけです。
三重県尾鷲市方面からの大型船や、県外からの大型船も多い。「ドック入り」とは、車で言えば「車検」を受けるようなものです。
修理、改造、点検、船底のペンキ塗り、無線措置の点検、その他の法令点検を行ないます。
「ドック入り」は、車の車検のように1日や2日では終わりません。大型船になると3週間から1カ月近く造船所に入っています。
船がドック入りしている期間は、乗り組み員はお休み。

.
2017/06/20

東海地方に梅雨入り宣言がされてから、今日まで、曇り空が1日だけあって、連続11日間立て続けに快晴である。
梅雨入りしてから鳥羽・志摩に雨が降らない(◎o◎) 今日の夕刻から明日の昼頃までは雨が降る予報ではあるが(◎o◎)

      魚、魚、魚  魚を食べ〜ると
      頭、頭、頭  頭が良くなる〜
      魚、魚、魚  魚を食べ〜ると
      体、体、体  体にいいのさ〜
      さあさ、皆で〜 魚を食べよう〜
      魚は僕らを、待っている〜!

テンポのいい、この歌! 魚屋さん、スーパーの鮮魚コーナー等で聴いたことありませんか?
魚々味のBGMとしては流していませんが、魚々味は地元の歌手の鳥羽一郎の海の歌、漁師の歌です(@_@;)
この歌は、全国漁業協同組合連合会のキャンペーンソングなんです。歌詞も一番、2番、3番まであるんですよ。
私はジャスコの鮮魚コーナーでよく聴きます。この歌は全国のスーパー、百貨店の鮮魚コーナーに配布されたそうです。
三重県人は「イオン」と名称が変わったにもかかわらず、いまだに「ジャスコ」と呼んでいます。
特に、鳥羽志摩の人には多い。さすがに「岡田屋」と呼ぶ人はいない。私が小学生時代は、岡田屋と呼んでいました。
鳥羽の台所「魚々味」では、歌の歌詞にもあるように、頭にも体にもいい鳥羽産の旨い刺身を用意してお待ちしています<m(__)m>

.
2017/06/19

栄螺と書いて「サザエ」と読む。なかなか読めない。変換しても出てこない。
「猫にサザエ」・・・大好物なのに手の出しようが無いたとえ。
猫はサザエが好物なのだが、サザエは巻貝、サザエの硬い殻によって食べられない、手の出しようがない。
鳥羽の台所「魚々味」の板さんがサザエを上手に調理してお出しします。

サザエは壺焼きにしても旨いが、磯の香りとコリコリ食感を味わうなら刺身です。
サザエの旬は、春から夏。サザエは(大)(小)関係なく味は変わらない。
サザエの刺身が付いたセット料理ございます。「彩り定食」 「組合長定食」

.
2017/06/18

6月第三日曜日・今日は「父の日」。
仕事帰りに志摩市のスーパーセンター「プラント」に久しぶり寄った。とにかく大きなスーパーなので普段は寄らない。
惣菜・鮮魚コーナーを見てた。 エっ!、売ってるんや!、「伊勢まぐろ」のにぎり寿司。知らんかったな〜。
伊勢まぐろの、大トロ・中トロ・赤身・軍艦巻き、が各2貫づつ入ってるやん。 旨そうやん!
伊勢まぐろは高級品やし、挌が違う、ズバリ旨い、口に入れてすぐ旨い、口に入れて口福(幸福)
よく見たらパッケージに「お父さん、ありがとう!」のシールが貼ってあった。
そうか、そうなんや、父の日のプレゼントの「伊勢まぐろのにぎり寿司」なんや!そやから今日は売ってるんや、 納得。

父ちゃん、いつも海の仕事お疲れ様です。ありがとう!   「大孝は、終身父母を慕う」

今日の刺身は、父ちゃんが獲ってきたスズキ・ワラサ・サワラの炙り・タコ・ヒラメ。 オール鳥羽産の刺身にあしらい一式を添えて。
これからは伊勢湾口に泳ぐ「銀色の貴公子」と呼ばれる「スズキ」が美味しくなってくる季節です。

17日(土曜日)
”いらっしゃいませ、お久しぶりです、何名様でお越しですか?”
「今日は、お客様を2組連れてきたんよ、8名です」
18日(日曜日)
”いらっしゃいませ、昨日はどうもありがとうございました。今日もまた来てくれたのですか。」
「そうそう、そうなんや、今日もまたここで食べたいって言うもんでね、2日続けて来たよ」
”ありがとうございます。<m(__)m>”
「昨日は、ここで刺身に寿司に煮魚に天婦羅を腹いっぱい食べたので、昨日のホテルでの夕食は軽めにして、中華にしたよ」
”今日はこれからお帰りですか?”
「そうそう、これから帰る。だから明日はよう来ませんから」
ありがとうございました。またお越しください。お気をつけてお帰りください。ありがとうございました。<m(__)m>

2017/06/17

期間で言うと、6月中旬頃〜8月下旬ぐらいまで。
海から陸にあがった海女さんは漁港まわりで海胆(ガゼ)の処理。 いつものように、頭には赤ちゃん帽を被ってます。
ガゼとはウニのこと。鳥羽で獲れるウニは赤ウニ、紫ウニ、バフンウニなどです。
ほのかな磯の風味と甘みがあります。特に赤ウニは希少な高級食材です。 海女さんにとっても憧れのごちそうです。

「何にする、何食べる?」
「魚々味定食にしょうかな?」
「これ、めっちゃ旨そうやん!、彩り定食! 寿司にするか、しらす丼にするか、選べるよ」
「鮮魚の刺身3種盛りも付いとるし、天ぷらもあるし、煮魚とサザエの刺身も付いとるやん」
「ほな、これにしょうか、すいませ〜ん、注文お願いします、彩り定食のAセットとBセットをひとつづつお願いします。」
「あの、煮魚なんですか? 刺身の内容はなんですか?」
〓今日の煮魚はメバルです。刺身3種は、サワラの炙り、ワラサ、クロダイです〓

"彩り定食旨かったよ、量も多いし、腹いっぱい、腹パンパン、ごちそうさま”

ありがとうございました。m(_ _)m m(_ _)m 販売開始から今日で2日目、想定外に「彩り定食」の注文が多い日でした。`(~д~*)、
普段の一番人気の魚々味定食や海鮮丼より多く注文をいただきました。
厨房もホールも、ちょっと、「彩り定食」のセッティングと料理出しタイミングで慌ててしまったかな???(~д~*)、
今日の反省とオペレーションフローの見直し、明日からへの学習、学習!従業員のあうんの呼吸さえ合えば大丈夫!完璧!
調理段階での、刺し場、煮方、揚げ場の連携、よりオペレーションフローを確立させれば、ディシャップ台には完璧に料理が上がる。
普段通りにあうんの呼吸さえ合えば、言葉ではなくて、目と目で話しが出来て作業もスムーズになる。
御来店ありがとうございました。m(_ _)m 

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ